医療福祉の業界に進むために専門の予備校に通うべき理由

指導のタイプ

本を歩く指

自分の性格との相性

医学部予備校の選択にあたって、見落としてはいけないのは自分の性格との相性です。
自分の性格との相性に気をつけて教室を選ぶことで、指導の効果を最大限発揮することができます。
反対に、教室との相性が合わなかった場合には、指導の効果は半減することは想像に難くありません。
自分の性格や学習スタイルと合った教室を選ぶことは、医学部予備校を選ぶにあたって欠かすことができない大切な視点です。

個別指導と集団指導

医学部予備校を選ぶにあたって欠かすことができない視点、それは個別指導と集団指導のどちらが自分とフィットするのか、という点です。
ここで重要なのは、自分が講師の講義にどれだけ食らいついていけるかということ。
つまりは、わからないことがあった時にどうやって対処できるのか、ということです。
集団指導の場合、各教室が練りに練った成長と合格のためのカリキュラムに沿った指導を受けることができて、成長する可能性が非常に高いです。
その反面、自分で授業の内容を消化できなければすぐに消化不良を起こして、吸収できるはずの情報が全く吸収できずに成長が滞ります。
ですから、わからないことをそのままにしない、授業そのものに積極的に望める社交性があるかどうかが重要な選択基準になります。
もしも、集団で気後れして質問がしにくい、そういった引っ込み思案な傾向があるならば、自分のペースに密着して指導をしてもらうことが可能な個別指導のほうが望ましいです。

相性の問題と限らない

医学部予備校を選ぶときに、今の教室で成果が上がらないから違うところに移りたい、と思うこともあります。
ここで重要なのは、自分と相性が良い医学部予備校で選ぶからうまくいっていない可能性がある、という視点です、
相性が良いということは、自分のやり方にちょうど合う、という強みが有ります。
その反面、自分のやり方が良くなかった場合に軌道修正が難しい可能性もあります。
ですから、場合によってはあえて相性が合わないと考えられる教室を選ぶことも大切です。
全く違うやり方を取り入れられることで、成長のきっかけに繋げることができる可能性も十分考えられます。

↑ PAGE TOP